あきらめたらそこで終了ですよ!
※フレームが表示されない方はコチラからお入り下さい。
TOPページに戻る

☆あなたはまだ“政治家に丸投げ派”?☆
2009.9.3作成、2010.2.19修正、2016.10.9追記

♪電凸、メール凸、FAX凸のススメ♪

どこかの政党にFAXを送ってみるげそ丸くん。 日本の政治に興味を持って、能動的に情報を集めることで、選挙で議員(我々の代表者)を正しく選ぶ目をもつこと、そしてその後の仕事振りや 政策・発言などをチェックすることは、いずれも日本国民の義務です。
テレビのワイドショーは、まるで“政治が遠い世界の話”で、“政治家はみんな腹黒い”かのような演出で、面白おかしく批判ばかり繰り返します。
しかし、決して忘れてはならないのが、政治家というのは、私たちがよく考えて投票したハズの、私たちの代表者だということです。
逆に言うと、おかしな議員がいつまでも当選し続けているのは、国民のせいであり、それだけ無責任に投票している人が多いということです。
一方のマスコミは、誰が投票で選んだわけでもない、決して私たちの代弁者ではない、「営利企業」に過ぎません。
また、私たちと同様に、政治家も(そしてマスコミも)人間であり、完璧ではありません。間違ったり、勘違いしたりもします。
そういうとき、様々な情報を教えてあげ、軌道修正してあげる(ダメだったら次の選挙で落とす)のも、国民の義務なのです(マスコミにはスポンサー企業への問い合わせが最も効果的です)
政党や政治家にメールをしてもどうせ無意味・・・ということは決してありません!!
忙しい方たちなのであまり返事は来ないかもしれませんが、必ず目は通しています。
なぜそう断言できるかというと・・・
これは自慢ではないのですが、自民党が選挙前にパンフレットの配布ボランティアを動画で募集しましたよね?
じつは、あれをメールで提案したのは、私・・・管理人なのです。
なんと、ただの主婦である私のアイディアを取り入れ、実行してくれたのです。

 >自民党LDPラボ(魚拓)
 >1通のメールを頂戴したことから始まったこの活動

また、チラシ配りとは関係ない話ですが、「国立メディア芸術総合センター」構想について、施設の活用法をJAniCA(ジャニカ・日本アニメーター 演出協会=現役アニメーターの業界団体)に聞いてみてはいかがですか?と提案したときにも、実際に自民党はそのように動いてくれました。 JAniCAが提言した内容は、公式HPにPDFで掲載されています。

 >2009.6.30のトピックス
 >JAniCAは、自由民主党の求めに応じ、「国立メディア芸術総合センター(仮称)」に関連して、
 >(略)アニメーターの実態に関する説明および 『センターを活用した人材育成及び産業振興プラン』の提示を行いました。

また、その際に、ニコニコ動画に出演した古屋圭司自民党広報本部長が、未加入のアニメーターさんはJAniCAに入っては?と宣伝してくれたり、アニメ業界の窮状を 代弁して下さったりもしました。
このように、政治家や政党への働きかけは、決してムダではなく、むしろどんどんすべきことなのです。
国民の代弁者であるハズの政治家を、国民はもっと利用活用しましょう。そして真に私たちのために働いてくれる政治家には、賞賛・激励・清き一票 を送りましょう。

もしよろしければ、あなたもぜひ、政党や議員さんや省庁などへ積極的にメールなどを送ってみて下さい。礼儀を守りさえすれば、自分の言葉で気持ちをこめて書けば大丈夫です。
マスコミに流されてばかりの日本を良くしていけるかは、実は政治家より以前に、 私たち一般国民の行ないにかかっているのです☆(・ω・)ノ

(※注:管理人は特定の政党や団体・宗教などに一切の関係はなく、JAniCAの中の人でもありません。また、JAniCAは不偏不党であり、当サイトとも関係ありません。)